あいさつ

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

山形県看護連盟
会長  伊藤 加代子

輝かしい年を迎え、みなさまには益々ご清祥のことと存じます。
 日頃より、看護連盟の活動に対しご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
 「一年の計は元旦にあり」
 物事は初めが大事、しかもしっかりとした計画のもと着実に行えという言い伝えです。
 会員のみなさまはどんな年にしたいと思っていますか?
 「夢大き、楽しい一年」となりますよう願っております。
 2022年 山形県看護連盟は、さらなる一歩・確実な一歩を前に進めたいと思います。そのためには、看護連盟の「組織力・人材力の強化」は欠かせません。みなさまのご支援を頂きながらこれまでの活動のさらなる充実を図り、これからも「現場の声」に真摯に耳を傾け、政策に反映できるように関係各所に届けてまいります。
 新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株が急増し、今後の動向が気になるところではありますが、社会の安寧を願い、会員みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

                               2022年(R.4)1月

▲ ページトップへ

Copyright © 2014 山形県看護連盟 All Right Reserved.